case19・・・創業したいと思うなら...

あなたは、「創業したい、商売や事業をはじめたい!」と思いますか?

 そう思うなら、そのように行動しましょう。

 このように書くと、とてもいい加減な表現のように感じるでしょうか。

 しかし、商売や事業をはじめれば分かるのですが、「正解は何か分からない」のです。

 あれこれ思案して、誰かに相談しても(相談するのが決して悪いことではありませんよ)、いざ行動しないことには、どうにもならないのです。

 私の経験からして、「創業するしない」ということを誰かに相談したところで何の解決策もありません。「今は辞めておいたら・・・」とか「もっと貯金してからにしたら・・・」とか「それで成り立つの?」とか、あなたの決意を鈍らせることしか聞けないのがほとんどでしょう。

 いろいろな人の意見を聞いて参考にするのは、それは賢明なことと思います。

 だれしも成功したいですから。

 いろいろな意見を聞いたり、あなたの決意を鈍らせるような意見もあったとしても、それでもなお、あなたが「創業したい!」と情熱を持っているならば、行動するべきでしょう。

 行動すると決めることがとても重要なのです。

 行動すると決めれば、やらなければいけないこと、必要な情報が集まってくるのです。

 「行動すると決めること」、これは他言不要です。あなたの心の中だけで決めるのでも構いません。

 

 北谷は、「おかしなことを言っている」と思われるなら、それはそれで構いません。

 ただ、私はあなたよりも随分先にこういう経験をしています。

 それにこれはとても重要なことです。よく覚えておいてください。

 何をするにも、商売をしたり、事業をしたりする中では、あなたがすべての決断を下さなければならないのです。この「創業するしない」という決断も下せないようでは、先がないのです。

 

もう既に商売や事業をやられている方へ。

 あなたの決断が大切なことを思い出してください。

 その決断が正解なのか不正解なのかは誰にも分かりません。

 ただ、あなたが望む目標がはっきりしていれば、どちらを選択しても目標に近付くのではないでしょうか。もしかすれば、近道なのか遠回りなのかという違いだけかも知れません。

 いま何かで迷っているのであれば、あなたがこれまでに下してきた決断を振り返ってみるのも一つの手でしょう。あまり気負わないことも忘れずに。

ご訪問ありがとうございます。
今日は です。

不動産担保ローン・事業性ローンの検索はこちら
(お悩みの方、すぐ借りたい方はこちら)


事業性融資・ビジネスローン講座

経営改善・事業再生・再建講座

不動産担保ローン講座

カードローン・キャッシング講座

中小企業の経営指標

よくある質問

無料ダウンロード

ブログ・メモ

プレスリリース NEWS


お気に入りに追加&ATOM FEED

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 購読する
 


TOP