case13・・・資金調達力を増やす方法

 今回お話するのは、融資をもっと受けたいと思われる企業への提案です。


 ただし、これには制約があります。

 それは、骨のある、志高い銀行と銀行員と出会う必要があるということです。


 大抵の中小企業の場合、不動産担保を差し入れて、社長や奥さんが保証人になって、信用保証協会付きで融資を受けていると思います。

 銀行独自のプロパー融資は、ほとんど無いと思います。
 その場合、差し入れている不動産担保って一体どういう扱いなのかご存知ですか?

 銀行が不動産に「根抵当権」といわれる担保設定をしていることが多いのですが、この根抵当権に関しては、銀行にとって便利なことがあるのです。


 根抵当権の分割というか共有というか、銀行と信用保証協会で分け合って利用するということが行われている場合があります。 信用保証協会の「優先使用」とか「劣後使用」という聞きなれない言葉なんですが。。。


 例で説明します。
  今、時価100百万円の不動産を会社が所有しているとします。
  A銀行がある不動産に、根抵当権100百万円で順位1番で担保設定しているとします。
  銀行の担保評価は64百万円です。 (事例02を参照してください。)


【信用保証協会の優先使用の場合】
 設定した根抵当権100百万円のうち、50百万円を保証協会が優先使用し、残り50百万円を銀行が使用するという取り決めを信用保証協会とA銀行でしているとします。

 保証協会が根抵当権の50百万円を優先的に使用しますから、担保評価から有効な担保の残りは、64百万円-50百万円=14百万円となります。

 銀行が担保を越えて融資してくれるには、限度があることはもう想像つくと思います。
 担保評価の範囲内しか融資が受けられないとすれば、64百万円が限界になってしまいます。

 後は、信用保証協会の無担保枠がどれだけ使えるかどうかなのですが、これは企業業績(決算書の内容)に大きく影響されます。

 仮に無担保枠が50百万円だとすれば、担保付きと無担保付きで114百万円が借りられる限界になります。


【信用保証協会の劣後使用の場合】
 設定した根抵当権100百万円のうち、50百万円をA銀行が優先使用し、残り50百万円を信用保証協会が使用するという取り決めを信用保証協会とA銀行でしているとします。

 ここで、信用保証協会はいくらくらいで担保を評価するのかがポイントです。
 これは、確かではありませんが、私の経験などから判断した場合、銀行が見ている時価の8割は評価していると思われます。 つまり、銀行評価で時価100百万円の場合、80百万円の評価をしているのです。
 場合によっては、時価で評価してくれているかも知れません。

 A銀行は担保内である50百万円までプロパー資金(もしくは信用保証協会付き)で融資してくれるはずです。
 信用保証協会は、担保の残り部分で見てくれます。30~50百万円です。
 そして、信用保証協会の無担保枠が50百万円だとします。

 融資を受けられる金額の合計は、A銀行50百万円+信用保証協会30~50百万円+無担保枠50百万円=130百万円~150百万円 となります。

 信用保証協会の劣後使用という方法を使えば、借りられる資金が増えていることが分かりますよね。


 こういう工夫を銀行がすれば、中小企業の資金調達は拡がります。


 既存の取引銀行がこういう提案をしてくれるのならいいのですが、有利な提案が無い場合は、新規で訪問してくれる銀行にこういう肩代わりを提案してもらうのはいかがでしょうか。


 私は、現役の銀行員のころ、よくこういう提案で資金調達の幅を拡げたり、同時に返済の軽減(事例07)を提案して、肩代わりをたくさん実施しました。

 かと言って、既存の銀行との取引を無くすというのではなく、前よりもいい取引条件を引っ張り出すということにもつながることが大半で、中小企業にとっては、私がいた銀行と取引することで、年間数百万円の利益UPになるということもあります。

 私は、担保設定を有効にするためや資金調達を良くするため、信用保証協会付き融資をプロパー融資で肩代わりしていました。一旦、信用保証協会付きの融資を無くしてしまい、プロパー融資に切り替えるのです。

 そして、信用保証協会は将来の資金調達枠として捉えて、企業に調達余力を持ってもらうのです。保証協会付きがなくなりますから、支払った保証料も返還されたり、融資金利も低くなったりします。


 つまり、融資に掛かる経費が削減されるわけです。


 そして、毎月の返済額も大幅に軽減されるので、計画的に借入を減らすことになるのです。

 こういうことを実行するには、もちろん、骨のある、志高い銀行と銀行員との出会いが必要です。

 ただ、使える予備知識として経営者は持っておくと、いざと言う時には、冷静に判断できるはずですよね。

 いい銀行員と早く出会ってください。 どうしても出会えないときは、どうすればいいか考えましょう。

ご訪問ありがとうございます。
今日は です。

不動産担保ローン・事業性ローンの検索はこちら
(お悩みの方、すぐ借りたい方はこちら)


事業性融資・ビジネスローン講座

経営改善・事業再生・再建講座

不動産担保ローン講座

カードローン・キャッシング講座

中小企業の経営指標

よくある質問

無料ダウンロード

ブログ・メモ

プレスリリース NEWS


お気に入りに追加&ATOM FEED

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 購読する
 


TOP